慢性痛

交野市星田にある疼痛改善を中心とした施設、身体機能向上研究所 ThePhysioです。痛みにお困りでした、ご相談下さい。

現在、自宅待機をお願いされ家から出ることが出来なくなっている方。医療機関にかかれず、リハビリも出来なくなっている方、痛みに不安があるという方は、是非ご連絡下さい。

勤務再開後どうだったでしょうか?スムーズに仕事には取り掛かれましたでしょうか?

今日は、慢性疼痛についてのお話しです。

慢性疼痛というのは、簡単に説明しますと「前から痛いのが続いている状態」です。

長期的に痛みを伴っている状態の事ですが、かなりの人がそれにあたりませんか。

腰痛なんかは、国民病とも言われ、厚生労働省の調べでは、平成30年度では腰痛により4日以上仕事を休んだという件数が”5千件”を超えます。もの凄い数です。

慢性腰痛の治療方法は、薬、注射、リハビリ、心理的アプローチなどです。

薬の代表例は、非ステロイド系のお薬ですね。ロキソニンやセレコックスなどです。胃が荒れるので注意が必要です。他にも色々あり、痛み止めの薬を複数飲んでいる方もおられます。

次に、注射で緩解できるかです。神経根ブロック、硬膜外ブロック、星状神経節ブロックとこれも色々あり医師の判断で決められます。

最後に、リハビリと言われるものです。

職業柄、理学療法といいます。これは、運動器に対して行われるもので、上手く技術を適応しますと、疼痛をコントロールする事が出来る事も多いです。ちなみに、良く聞くのはマッサージです。私が行うのはマッサージではありません。マッサージでは一時的に良くなったような錯覚が生じるのです。錯覚です。

マッサージは臨床診療ガイドライン(2012)では長期的な効果が不明で、治療を支持するエビデンスの質が低いという結果があります。

理学療法ってマッサージでしょ?とよく間違われますが…。全く違うのですが、一部のPT達がマッサージを行ってるので間違われてしまいます。哀しい事です。

続きは明日にしますね。

【肩こり】【腰痛】【膝痛】などの痛みでお悩みでしたら、一度ご相談ください。何かお役に立てる事があるはずです。

投稿者: thephysio2020

サイトをご覧いただきありがとうございます。当研究所では、身体の発する痛みに対処できるような取り組みをしております。また、身体の運動機能を十分に発揮できるような取り組みも行っております。身体の事でお困りがあればご相談ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。